にんにく玉はうつ病にマジ効果ありました。

毎日、気がなんだか滅入ってしまって、やる気も出なくて家に引きこもりがちになったので、うつ病かと自分なりに考え、にんいく玉が良いと聞いたので調べてみました。

まず、うつは極度のストレスからなったりすると書いているのを見て職場の対人関係からそもそもこうなったと思います。

にんにく玉にが、うつ病に効くと聞いたので興味をもち調べてみました。

にんにく玉ゴールド

にんにく玉とは、にんにくと卵黄からできてるものでした。

にんにく玉成分

にんにくの効能は、ストレスをやわらげる働きがあり、イライラや頭痛などに効果的その上精神安定やホルモンバランスも整えてくれるのでにんにくは最高だと言うことが分かりました。

また、免疫力を高め、新陳代謝を促す効能がもっとも気になることで、にんにくがうつに効くのも当然だと思いました。

にんにくには体を温めてくれるので免疫力も上がり効果を促進してくれそうです。
気が落ち込む時は、なぜか寒気もするような気がしますので、にんにくは玉はそれを和らげてくれそうです。

卵黄はストレスから胃が荒れることを防いでくれますので、改善されることで、うつに効くと思いました。

卵黄には人に必要な栄養素の脂質類とタンパク質が十分に含まれているのでにんにくと合体することで最高のにんにく玉だということが分かりました。

にんにく玉中身

実際にんにく玉を飲んでみましたが、匂いも気にならず飲み始めてから1ヶ月くらいで、だるさもなくすっきりで爽やかな気分で起きれるようになりました。

頭もすっきりお肌のツヤも戻り、うつとは違うことが自分でも感じるようになりました。

イライラしたり、怒ったり落ち込むことが無くなったのでうつ病が改善されたと思います。
にんにく玉はうつ病効果ありでした。

サプリメントなので、誰でも効果があるとは言えませんが、今なら、980円で購入できるので一度試してみるといいと思います。

(大阪府、にんにくくーちゃさん)


>>にんにく玉ゴールドをこちらから購入しました。






うつにはにんにく玉が効果があります

自分は現在28歳の男性会社員をしております。

自分は現在会社を休職させてもらっております。

原因としては人間関係からきたうつ病です。

自分は子供のときから団体行動が苦手でありました。

自分なりの協調性なども持ってはいるつもりですが、サッカーや野球といった協調性がカギを握るスポーツでも自分は最善の方法を行っているつもりでしたが、いつの間にか浮いていたりなどしておりました。

それを懇談会でも、指摘をうけ、それは中学生になっても高校生になっても変わることはなかったのです。

そしてそのまま社会人となり、仕事を行うようになりました。

自分は言われた仕事をたんたんとこなせばいいと入社当時は思っておりましたが、そうもいかず、25歳後半になると仕事をもらうのではなく、仕事を与える立場になりました。

それで、後輩たちにいろいろと仕事を振ってはいたのですが、その仕事の振り方などが雑だといろいろと受けて、それが2年間つづいてしまい、一年前から仕事やすませております。

今では、メンタルの回復をして、このように文章も打てるようになりました。

そして心療内科の先生から受けた薬とカウンセリング、そしてにんにく玉のおかげで、メンタルが回復をしたと思います。

とくにんにく玉のサプリを服用することによって体から力が湧いてくる、そのような感じになりました。

先生から処方してもらった薬で、イライラや不安感といった気持ちを消し去り、そして今後はにんにく玉のおかげ、脱力感を感じていた肉体から力がよみがえりました!

(大阪府 くろっちさん)




なんだか鬱っぽいなぁ・・・そんな時はルナハーブを飲んでいます。

多かれ少なかれストレスを受ける毎日ですが、最近なんだか鬱々とする。

毎日憂鬱でベッドに入っても考え事ばかりでなかなか眠れない。

もしかしたら自分は鬱なんじゃないかと思う事ってあります。

そんなとき私がネットで見つけたのが「ルナハーブ」というサプリメントでした。

ルナハーブ

まずはぐっすりと安眠することがなにより大事、心と健康のための睡眠が鬱にはとても効果的なようですが、だからってそんな簡単にどうやって眠っていいかなんてわからないですよね。

安眠に必要なのは「セロトニン」という物質だそうです。

セロトニンが不足すると疲れているのに休めなかったり、途中でなんども目が覚めたり、ボーっとして生活の質に影響がでたり、休息モードに入れません。

安定してセロトニンを補給することが安眠には必要だそうです。

セロトニンサプリメントもいまや数多くあるのですが「ルナハーブ」というサプリメントがおすすめです、話題のハーブことバコナイズが配合されていてリラックス効果のある16種類の天然成分で作られているそうです。

ルナハーブ成分

1日2粒が目安で60粒入りで通常価格が5980円で少しお高めなのですがインターネットなどで購入できます、キャンペーンなどで定期初回がお安くなっていました。

ルナハーブカプセル

精神的な事に関係してくるサプリメントですのでできるだけ化学成分ではなく天然成分のものを服用したいですし、日本製というところも安心です。

ルナハーブの効果でぐっすりとした安眠、すっきりとした一日が過ごせるかもしれません。

>>ルナハーブをこちらのサイトから購入しました。




潤睡ハーブはうつに効くおすすめのサプリメントです。

うつ病の原因の1つとして考えられているのは、セロトニンという脳内物質が不足していることです。

セロトニンは原料としてトリプトファンという必須アミノ酸が必要で、トリプトファンは肉類、穀類、タンパク質を豊富に含む材料に含まれています。

ですので、トリプトファンという必須アミノ酸を含むサプリメントが人気です。

トリプトファンがなければセロトニンは作られないという事が分かっています。

サプリメントは、薬ではないのですぐに効果が出るというものではないです。

対策として飲むのは効果がありますが、ひどいうつの時に飲んでもすぐに効果が得られる物ではないので注意が必要です。

私がオススメの商品は潤睡ハーブという商品で効果はセロトニンを作る材料のトリプトファンだけでなく、快眠リラックス効果の高い天然栄養分も入っています。

私がうつ病になってすごく大変だったのが、不眠でした。

治したくても眠らないことには治っていかないし、不眠は寝たくても本当に眠れません。

ですので、このサプリメントはトリプトファンだけではなく、不眠に効果的な成分も入っているので、とてもオススメです。

また、もし使ってみて合わなければ10日間以内の返金保証付きとなっているので、安心して試せるので良いです。

ネット通販で買う事が出来るので、お店に行って探さなくていいので楽です。

うつは、日にち薬で、ゆっくりで時間もかかりますが、栄養をバランス良く取って、規則的な生活をしてゆっくり休めば絶対良くなっていくので、自分に合ったサプリメントを飲んでいくと良い効果が出ます。

(愛知県 一宮市 りんこさん)


>>潤睡ハーブはこちらから購入できます。










うつ病への対処はセントジョーンズワートと食事から始めました。

少し前に「うつ病は心の風邪」というキャッチフレーズの、製薬会社のCMが放送されておりましたが、風邪を治すには仕事を休んで、ゆっくり寝ていることが大切になります。

それと同じようにうつ病も、仕事を休んでゆっくりしてみることが大切になりますが、その間にセントジョーンズワートというサプリメントを試してみるのです。

このセントジョーンズワートは軽度から中程度の、うつ病の治療に効果を発揮すると言われており、海外ではうつ病の治療薬として認可されております。

日本ではあまり知られておりませんが、ドラッグストアーやアマゾンなどの通販サイトで、手軽に入手することができます。

また脳内のセロトニンが不足すると、うつ病になりやすくなると言われているので、セロトニンの原料となるトリプトファンが含まれる食品を、多めに摂取するのです。

例えば肉、魚、豆、種子、ナッツ、豆乳、乳製品になりますが、海外の製品であれば、トリプトファンだけのサプリメントも販売されております。

こういった自助努力を続けても症状が改善しない場合には、心療内科や精神科を受診してみますが、初めての方はどんな治療をされるのかと、不安を感じるかもしれません。

しかし治療の多くは医師の指示通りに、薬を飲むというものであり、風邪の治療と大きな違いはありませんので、あまり不安になる必要はないと思います。

また自立支援医療を使えば、医療費の自己負担は原則1割で済みますので、治療費について心配している方は、この制度を使うことができないか、医師に相談してみるのです。

(千葉県市原市 医食同源さん)

>>セントジョーンズワートの購入はこちら




抗鬱剤(パキシル)で人生が変わりました。

私は小さなころから内気な性格で自分に自信を持つこともなく、悩みも多くて本当に根暗で悩み過ぎが原因でしょうか不安障害という病気になったことがあります。

一番ひどい時は外に出れないのはもちろん、玄関のチャイムすら恐怖に感じるようになりました。

常にどんなときも不安を感じて過ごしてました。

あまりにひどくて精神科を受診したのですが、元々の性格もあり結構生きていること自体が辛かったです。

精神科に通うようになって私はパキシルという薬を処方されました。

パキシルを飲み始めて人生変わりました。

いつも人に言われた言葉や嫌な出来事について死にたくなるくらい悩む性格だったのですが、それがなくなりました。

この考えすぎる、悩みすぎる癖がなくなるだけでこんなにも楽に生きていけるのかと衝撃でした。

そして、いままで自分はいかに悩み過ぎていたのかと実感しました。

パキシルは副作用も結構あり、飲んでいる間はひたすら眠かったです。

ひどい時は一日20時間くらいねていたり・・・それでも今まで悩み過ぎで眠れない日も多かったので眠ることで脳を休めることも出来ますし、眠ることの大切さを感じました。

寝ている間にいろいろと頭の中の整理をしているのでしょう。

一時期は悪夢をよく見ました。

過去の自分を見ているのです。

こんなことを繰り返していくうちに夢も見なくなり、頭がすっきりとして過去の呪縛から逃れられたのだと感じました。

パキシルをやめたいまでもうそのように快適に暮らしています。

(神奈川県 N.Nさん)

>>パキシルジェネリックの購入はこちら




うつの薬に頼らない方向での対処法

具体的な年齢は言えませんが、もうすぐ人生の半分ぐらいをうつ症状と付き合ってることになるぐらいのうつ歴の長さになります。

基本的な症状としては、過去のストレスになった嫌な出来事、嫌なイメージが盛んにフラッシュバックされる事や、完璧主義な性格からすぐに自分を卑下してしまったり、ネガティブなイメージ(人との喧嘩・悪口など実際に起きていない事でも)が急に湧き出す、などがあります。

睡眠不足や体調が悪い時は特に症状が起きやすいため、そこまで長時間働くスタイルは取らない生活になっています。

元々、便利なものに対しては依存しやすい傾向があり、次第にそれがない時の事を基準にして盛んにシミュレーションを行いすぎて、他事に考えが向かない事があります。

その傾向と親の反対もあり、これまで精神安定剤等の薬の処方は全く行っていません。

私自身、普通の風邪に薬を飲んでも効果がないタイプなので、心の「風邪」にもそれは同じなのだと思っています。

そこで最近行っている対処法としては、ハーブティーで頭のリセットを行う事です。

鎮静効果のあるカモミール、あるいはもう1段効果の強いパッションフラワーのハーブティーで、悪いイメージが頭を埋めている時等はそれを飲んで一度頭の思考をリセットするように心掛けています。

あとは音楽でのリラックス効果も用いています。

何かの作業中に、先述の悪いイメージが出てこないようにするために、自然の音(木々のせせらぎや川の音)のBGMでリラックス状態を作り作業に集中させて悪いイメージが入らないようにします。

恐らくはここにカウンセリングの通院を加えるといいのでしょうけど、まだそこまで出来ていません。

頭の思考は年齢と共に変わっていくとは言われているものの、まだその変化を感じるところには達していません。

ですので、今はこの対処法でとにかく少しでも症状の緩和を心掛けています。

(愛知県知多郡東浦町 HN:dereさん)




うつ病の時に効果があったのは太陽の光(日光)でした。

わたしがうつ病になってしまったとき、本当に回復に効果があったなと感じたのは、どんな薬よりも太陽の力でした。

この話をしてもにわかに信じてもらえるものではないのですが(笑)、本当に太陽の力ってすごいのです。

大学生のころにレポート・研究とままならない就職活動ですっかり精神的にやられてしまい、外に出たり人前に出たりすると震えや立ちくらみ、吃音がでてしまうなど今までの自分とは180度違う人間になってしまいました。

家族はそれほど心配せず、ゆっくり休めばいいというスタンスだったのですが、学校の先生や友人はひどく心配してくれて(ありがたいことです)、いろいろな精神科の先生にお話しを聞いたり、講演会に行ったりしてくれたようです。

わたしは精神科で薬も処方されていたのですが、それですっきりしたあとの反動が強く、社会生活に復帰どころかより症状が悪化するような状態でした。

そこで家族が勧めてくれたのが太陽療法。目が覚めたらすぐに外出(とはいっても散歩程度ですが)、太陽の光を1時間くらい浴びて家に帰ってくる。

最初は眠くなったらすぐに寝ても大丈夫、そのかわり薬は飲まない、という条件で始めました。

最初の何日かはあまり効果も観られなかったのですが、だんだん目に見えて自分が元気になるのがわかり(笑)、ベッドの外にいる時間が長くなり、1か月後には元通りの生活が送れるかな?というバイタリティに戻り、本当に太陽光の効果には驚きました。

元気になった今でも、朝の散歩は欠かさず行っています。

(広島県 ゆいさん)




うつの対処法はあまり考えすぎないことです

私自身、精神的に落ち込んでしまい、家から出られなくなり、心療内科に通うという生活をしていました。

私の話になるのですが、小心者で、落ち込みやすく、少し怒られたりするだけで泣いてしまい、自分がこういう行動をすると相手の人が嫌がるのではないか?などと深く考えてしまうタイプです。

うつ状態にあって、家でぼんやりと無表情で居る時に、家族に「そんな顔されたら、こっちまでうつ病になる」という言葉を言われ、好きでこんな状況になってる訳じゃないのにと、とても悲しくなりました。

今でも、根本的な性格は変わっていないので、人よりも落ち込みやすいという性格は変わっていないのですが、うつ病の状態からは抜け出せています。

対処法としては、じっくり時間をかけて、あまり考えすぎないようにする、という事です。

うつ病になる人は、まじめな人が多いと聞きます。

相手の事や、自分の将来の事などを考えすぎて、気持ち的にしんどくなってしまうんだと思います。

なので、うつ病の対処法としては、人の目を気にせず、思いついた事を、あまり考え込みすぎずにやってみる、というのが良いと思います。

何かをした時に、失敗したらどうしようなどと先の事を考えていると、どんどんと気持ちが辛くなってきます。

なので、とりあえず、何かをやってみる。

やってみて、ダメだったら落ち込んだり凹んだりして、今後の勉強とする。

また、相手に嫌われるのが怖くてありのままの自分を出せていない時には、相手に嫌われる事を覚悟で、本当の自分を出してみる、という事です。

自分自身に無理をして、本来の自分を出せていないので、精神的にしんどくなり、うつ病になってしまうんだと、私の経験上思いました。

(兵庫県三田市 はるさん)




うつ病と診断された時に必要な対処法

心療内科や精神科でうつ病と診断された時にかならずやるべきことがあります。

それは、長丁場になることをまずは覚悟しましょう。

その理由としてかなりの時間の休息が必要になります。

また、精神症状が激しく出ている場合はまずはしっかりと処方された薬を飲むことも大事ですが、カウンセリングを受けて自分の悩みの根本を徹底的に追求しましょう。

これを認知行動療法と呼びますがまさにこれが必要なのです。

途中で悩み疲れることもあると思いますが、そのような場合は一度考えることをやめてゆっくりするとまた、良い結果が生まれるでしょう。

処方された向精神薬は思った以上に使いこなすのが難しいのが現実です。

初めて飲む方は吐き気やイライラなどの副作用が現れることがあるので吐き気止めを準備することをオススメします。

どうしても耐えられない場合は服用を中止することも大事です。

また、血中濃度を安定させる必要があるのが抗うつ剤です。

飲めば即治るわけではなく最低1ヶ月程度で精神の症状の変化を注意深く自分で監視しましょう。

薬だけに頼るのは私はあまりよくない傾向だと思います。

それではどうすれば良いかということですが、まずはその日あったことを簡単でもいいので日記にしましょう。

そうすることで、これが原因で悩んでいたなどの悩みの根本を知ることが出来たり、自分の悩みはもしかして小さなものではないのかと改めて認知できる場合もあります。

最終的に病気が治りかけても次はお薬を減らす必要があるのでそこを考えながら投薬することも考えておくと後々楽です。

(愛媛県松山市湯之町 博文さん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ