「広場恐怖症」の記事一覧

広場恐怖症の軽減のためサインバルタとメイラックスを服用

私は20年来広場恐怖症のような症状で外出が苦手でした。

更に、元々胃腸が弱いので、最近は腸の痛みや下痢がいつ襲ってくるかわからず、益々外へ出るのが嫌になっていました。

心療内科に行っていた時期もあり、パキシルを飲んでいましたが、腸の痛みには痛みが出た時、痛み止めのチアトンを飲むしかありませんでした。

そのうち電車で通わなければならない、その心療内科にも行けなくなり、更に腸の痛みで朝食と昼食が取れなくなり、体重も3,4kg減ってしまいました。

そこで、消化器科のあるクリニックを訪ねてみました。

先生はパキシルの代わりに『サインバルタ』という薬を、デパスの代わりにデパスより依存性の少ない『メイラックス』を処方されました。
また、腹痛が出た場合に痛み止めのブスコパンもお守り代わりに10錠程出して頂きました。

驚いたのが、サインバルタを飲んだ翌日、朝ご飯を食べようかなと思ったり、それまでは午後しか出られなかったのに、午前中のうちに買い物に行こうかと思ったりしたことです。

しかも腹痛は少し感じる位で、それも辛い程ではありません。

ただ、副作用として挙げられている吐き気が強く、一度2日飲んで止め、先生と相談しました。すると、吐き気は飲み続けていくうちに無くなっていく場合が多いので、吐き気止めを飲みながら慣らすことになりました。

吐き気止めはナウゼリンなので、出来るだけ飲まないようにとのことでした。

今は外出も気分的に苦痛を感じず出来る様になり、先日は久しぶりに電車にも乗れました。

腹痛もなくなりました。サインバルタは糖尿病の方の疼痛にも使われるそうです。

また、鬱傾向にある人は、何らかの痛みを伴っているという説もあるそうですが、私はうつ病ではありませんが、確かに腹痛がなくなったらやる気出てきました。

時間は掛かるかもしれませんが、段々と外出に慣らしていき、サインバルタもメイラックスも飲まなくて良いようにしたいと思っています。

(埼玉県 ツタンらーめんさん)

>>サインバルタジェネリックはこちらで購入できます。













サブコンテンツ

このページの先頭へ