「ルジオミール」の記事一覧

抗うつ剤(ルジオミールとトリプタノール)の体験

私は社会人になってから半年ほどで会社に行くのが辛くなり、心療内科にかかりました。

その時にうつ病の症状が出ているとのことで抗うつ剤を処方されました。

処方されたのはルジオミールとトリプタノールです。

最初は寝る前に一錠ずつ飲むように言われました。

初めは飲んだ翌朝などは眠くて眠くてしょうがありませんでした。

飲み続けないと効果が現れないと言われていたのですが、確かに効果が出るまで2週間以上はかかりました。

今までは会社にいると気が遠くなって何をやったらいいのかわからなくなるようなことがありました。

上司が何を言っているかわからないこともありました。

それが薬の効果が出てからは、少し頭がはっきりしてきました。

何をするか、頭で次の行動を考えられるようになってきたのです。

しかし、効果が出て1か月くらいするとまた気が遠くなってくるのです。

心療内科には2週間おきに行っていたのですが、辛くなったときはその旨を伝えるようにしていました。

すると薬を飲む量を増やすように言われました。

一番多くて、トリプタノールを2錠、ルジオミールを3錠まで増えたと思います。

このまま増えていてっては自分ではいけないと思い、つらくなってもそのままやり過ごすようにしていました。

すると辛い気持ちが時間が経つと緩和されていくようになったのです。

その調子で私は薬を1錠ずつ医師と相談しながら減らしていき、最後はルジオミール1錠だけになりました。

そして最終的に会社を辞めた時に抗うつ剤を飲むのを辞めました。

それ以来、抗うつ剤は飲んでいませんし、飲む必要が出てくるときもありませんでした。

抗うつ剤は効果が出るのが時間がかかるのと同じように、急に辞めたり減らすのも時間をかける必要があります。

抗うつ剤は飲み始めると、時間がかかるのでできるだけ飲まないようにしていきたいと思います。

(大阪府 ゆるりんさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ