「アモキサン」の記事一覧

産後のうつをデプロメールで治療

私の場合は、いわゆる産後欝でした。

まわりを頼ることができない状況であったせいか、妊娠発覚直後から、かなりのハイテンションになり「がんばらなくちゃ、がんばらなくちゃ」と活動していたら、発症してしまいました。

およそ6年間にわたる、長い長い闘病生活。

時間を失い、仕事を失い、信用を失い、若さと美しさも失ってしまいました。

こんなことになるなら、はじめからがんばらず、もっといい加減に考えて生きていればよかったかも、と思います(笑)

当時は、友人の紹介で、電車で20分くらいのところにある心療内科へ通院していました。

薬を飲み始めてすぐにわかったのは、私は、実はとても薬に弱い体質だったということ。

アモキサンなど、一般的な薬でもだめで、とにかくどれを試しても副作用がひどく、やばい、死ぬかも、と思ったこともあります。

希死念慮が激しく、自殺防止のために投薬治療していたのですが逆にその薬で死にそうになったわけです(笑)

あるときなど、病院に運ばれて、血液検査をしたら、肝硬変の数値が出ていました。

そうやって薬を試しているうち、やっとたどり着いたのが、老人に使うデプロメールという薬。

それでも、体重が、あっという間に20キロ増えてしまいましたが、太る意外に主だった副作用がなく、5年ほど治療して終了しました。

(東京都  きるくるりんさん)




抗うつ剤を飲んでみて体験談

みなさんはこのような病気で本当に悩んでいる方はいるでしょうか?

私は今も本当に辛くて頑張って治療をしています。色んな抗うつ剤を飲んでいます。

自分にあった抗うつ剤を見つけるのに本当に苦労しますよね。今の現代で一番新しい抗うつ剤はレクサプロといった抗うつ剤ですが最初の三環系や四還系の抗うつ剤と比べるとSSRIやSNRIはかなり副作用が少なくなっていると言われていますが、実際にはそんなこともないようなきがします。

私は実際にアモキサンやパキシルも飲みまたレクサプロやいろんな類を飲んでみましたが本当にいえることはすべて吐き気の副作用が強く出ましたよね。

またほかには体重が減少したり、食欲がおちたり尿がでにくくなったりといろんな症状がでました。

それに長く絶えないと効果が出ないというところに致命的であるとおもいます。

早く薬が効いてほしいとおもっていても二週間はのみつずけないといけないところに、なかなかツ図けることができなくて、途中で中断してしまうのではないでしょうかね。

ですから吐き気止めをもらいながら飲んでいますよ。

みなさんはどのようにしのいでいますか?なかなかつずけることができにくいですがしっかり飲んでくださいね。

もし無理なようだったら医師に相談してくださいね。

無理は禁物ですよ。

(兵庫県 あっきんさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ