「パキシル」の記事一覧

抗鬱剤(パキシル)で人生が変わりました。

私は小さなころから内気な性格で自分に自信を持つこともなく、悩みも多くて本当に根暗で悩み過ぎが原因でしょうか不安障害という病気になったことがあります。

一番ひどい時は外に出れないのはもちろん、玄関のチャイムすら恐怖に感じるようになりました。

常にどんなときも不安を感じて過ごしてました。

あまりにひどくて精神科を受診したのですが、元々の性格もあり結構生きていること自体が辛かったです。

精神科に通うようになって私はパキシルという薬を処方されました。

パキシルを飲み始めて人生変わりました。

いつも人に言われた言葉や嫌な出来事について死にたくなるくらい悩む性格だったのですが、それがなくなりました。

この考えすぎる、悩みすぎる癖がなくなるだけでこんなにも楽に生きていけるのかと衝撃でした。

そして、いままで自分はいかに悩み過ぎていたのかと実感しました。

パキシルは副作用も結構あり、飲んでいる間はひたすら眠かったです。

ひどい時は一日20時間くらいねていたり・・・それでも今まで悩み過ぎで眠れない日も多かったので眠ることで脳を休めることも出来ますし、眠ることの大切さを感じました。

寝ている間にいろいろと頭の中の整理をしているのでしょう。

一時期は悪夢をよく見ました。

過去の自分を見ているのです。

こんなことを繰り返していくうちに夢も見なくなり、頭がすっきりとして過去の呪縛から逃れられたのだと感じました。

パキシルをやめたいまでもうそのように快適に暮らしています。

(神奈川県 N.Nさん)

>>パキシルジェネリックの購入はこちら




パキシルの効果で動悸と不眠が治りました。

私は急な動悸から不眠になって普段の生活ができなくなり、精神科を受診しました。

その時に「不眠が治れば動悸も気にならなくなるだろう」と言われ、安定剤と睡眠導入剤を処方されました。

初めのうちは出されたお薬だけで眠れるようになったのですが、日中のいきなり起こる動悸だけは治りませんでした。

急に動悸で心臓がバクバクいうので体もキツかったし「いつ動悸が起こるんだろう」と思うと精神的にも不安定になりました。

そのうち薬を飲んでも眠れなくなり、他の病気でかかっていた内科にたまたま心療内科の先生が来ていたので相談しました。

そしたら「不安が強いようだからパキシルという薬を試してみては?」と言われ、辛い症状が無くなるならと飲んでみることにしました。

夜、パキシルを飲んでみたら、翌日不安感が増して逆に具合が悪くなってびっくりしました。

慌てて病院に飛び込んだら「薬の飲み始めは不安が強くなることもある」と言われて、抗不安薬もセットで飲むように処方されました。

具合の悪いのが2週間ほど続いたあと、だんだんと調子が良くなりパキシルの効果を実感するようになりました。

抗不安薬も飲まずによくなって、パキシルだけで過ごし、2年後だんだんとパキシルを減薬して、薬は終了しました。

パキシルはとてもよく効くお薬でしたが、飲み始めと減薬時は頭の中がジリジリする感じがしてちょっとつらかったです。

(岩手県 たこやきママさん)




中学三年生の時に季節性うつ病になり、パキシルを処方されました。

鬱とは無縁だと思っておりました。

私は中学生の頃から若干季節性うつ病のケがあり、冬になると気分が優れず、睡眠過多・現実感喪失などの症状が度々ありました。

しかしながら、季節性のものは誰でも起こりますし、実際に北欧では約30%の人がこれを患っているらしく、「誰でもある。私だけじゃない。」と、大して気にも止めていませんでした。

そんな思いがガラリと変わったのが、中学三年生の冬でした。

受験間近というのもあってか、その年の冬は一日中憂うつな気分でした。

それに加えて、母がホルモン治療の影響でうつ病を発症しました。

母子家庭で一人っ子であるが故に、他に頼るアテもロクにありませんでした。

うつ病は伝染病でありません。

けれども、そんな母につられるように私もうつ病を患ってしまいました。

学校で突然パニックになり、教室でリストカットを繰り返し、そのまま意識混濁。

その後、心療内科でパニック障害と躁鬱病と診断されました。

そして、パキシルを処方されました。

パキシルの副作用のせいか中々寝付けなかったので、エリミンを別の病院で処方してもらいました。

しかし、パキシルとエリミンは飲み合わせが悪いのか、どんどん副作用が出てくるわ出てくるわで大変でした。

パキシルを飲んでいる時はやたらと口が乾き、起きている間中ずっと空腹を感じ、そして胃がひたすら痛い、そんな状態でしたが、気分はずっと落ち着いていました。

今はもうパキシルは飲んでいません。

パニックや躁うつは出ない、とまではいきませんが、あのまま薬漬けになっているのも気味が悪く感じ、やめました。

パキシルを飲むのを止めた当初は、禁断症状により、ヒドイ有様でした。

しかし、精神的な病は、薬に頼ると悪化する気がしてならないのです。

パキシルにはお世話になりました。

けれど、もう二度とパキシルを飲まないように努めていきたいです。

(愛知・HKさん)




セロトニンを増やす抗うつ剤パキシルを飲んで性欲が減退しました。

一時期、絶望感しか感じれなれない日々が続いたので、メンタルクリニックにいったところ、パキシルが処方されました。

SSRIというジャンルに分類される抗うつ剤で、セロトニンを選択的に吸収して脳内に増やす薬だという説明がありました。

はじめは怖さもありましたが、絶望感から解放されるとの思いで飲み込んだ記憶があります。

感情や脳への変化は、全くと言っていい程に感じられませんでした。

時に頭がチリチリ焼けるような感覚はありましたが。

むしろ、その副作用である「性欲の減退」の方が強く出てきました。

全くの0と断言しても良いほどに性欲がなくなりました。

ということは、確かに抗うつ剤は体の中で作用はしているのだなと安心した記憶があります。

一般的に、パキシルは2、3週間の期間で調整しながら慣らしていくタイプの薬です。

しかし、私の場合は、3ヶ月飲んでも性欲の減退という副作用しか感じられずにサインバルタやデパスと言った処方薬に変わっていきました。

アメリカでは下水処理場で一番見つけやすい処方薬がSSRIだと言われているほど、日本でも最初に出されやすい薬です。

なので、ある程度軽めの効果を持った処方薬なのだと思います。

軽い抑うつ状態の方が改善することはあると思いますので、そんな方は試してみてはいかがでしょう。

(埼玉県 ブラウディアさん)

>>サインバルタジェネリックはこちらで購入できます。













パキシルの副作用が強いので、減薬し、レクサプロに移行しています。

パニック障害からうつ病になり、7年近くパキシルを服用しています。

一向にパニック障害の病状が安定しないので、思い切って病院を変えてみました。

新しい病院では、パキシルは断薬が難しく、副作用が強いと言われました。

どうしたらいいのかかなり焦りましたが、今さらどうすることもできないので、新しい病院の先生の指示に従うことにしました。

新しい病院に約10か月ぐらい通っているのですが、少しずつパキシルを減らしています。

確かにパキシルを減らしてから、イライラしたり、怒ったりすることが減った気がします。

パキシルを25ミリ飲んでいたときは、攻撃的だった気がするんです。

市役所のたらいまわしにムカついて、キレてしまったり、夫にも攻撃的な発言を一杯していました。

ちなみに今はレクサプロという抗うつ剤に移行させています。

レクサプロは副作用がなく、断薬も楽と言われましたが、果たしてどうなることやらといった感じです。

確かに今は、調子がいいです。

でも、いい加減、抗うつ剤から卒業したい気分で一杯です。

なんとなく、ずるずる薬を変えながら、抗うつ剤を飲み続けるのかと思うと少し不安です。

早く薬辞めたいです。

しかし断薬する勇気もない私でした。

普通の生活がしたいなって思います。

(東京都 まちこさん)




最初はパキシルが不眠症とうつによく効きましたが、今は少し強い安定剤と睡眠薬を服用しています。

私は30代から不眠症で悩んできました。

症状はずっと不眠だけだったので、神経科で精神安定剤と軽い睡眠薬をもらっていました。

けれども、不眠はだんだんひどくなり、次第に「今夜は眠れるだろうか」ということばかり気にして、夜が来るのが怖くなり、死にたいと思うようになってしまいました。

そのことを神経科で話すと、「不眠がひどいのはうつ病になっているせいでしょう」ということで、はじめて抗うつ剤のパキシルが処方されました。

すると、不眠はすぐには治りませんでしたが、2~3日すると気持ちがとても穏やかに楽になりました。

これはパキシルのおかげだと、とてもうれしかったです。

やがて、不眠が怖くなくなり、だんだんと眠れるようになってきました。

やはり、私はうつだったのだということにも納得しました。

けれども、うつには波があります。

調子のよいときもあれば、また不眠とか落ち込みがひどくなることもありました。

その都度、パキシルは減ったり増えたりしました。

少ないときは5mg、多いときで20mgでした。

私のうつは月日が経つにつれて、次第にひどくなってきたようです。

たいていはパキシルの増量で何とかなっていたのですが、それだけではだめになってしまいました。

現在は少し強めの安定剤と睡眠薬を併用しています。

(兵庫県 あっこちゃんさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ