「2015年9月」の記事一覧

なんだか鬱っぽいなぁ・・・そんな時はルナハーブを飲んでいます。

多かれ少なかれストレスを受ける毎日ですが、最近なんだか鬱々とする。

毎日憂鬱でベッドに入っても考え事ばかりでなかなか眠れない。

もしかしたら自分は鬱なんじゃないかと思う事ってあります。

そんなとき私がネットで見つけたのが「ルナハーブ」というサプリメントでした。

ルナハーブ

まずはぐっすりと安眠することがなにより大事、心と健康のための睡眠が鬱にはとても効果的なようですが、だからってそんな簡単にどうやって眠っていいかなんてわからないですよね。

安眠に必要なのは「セロトニン」という物質だそうです。

セロトニンが不足すると疲れているのに休めなかったり、途中でなんども目が覚めたり、ボーっとして生活の質に影響がでたり、休息モードに入れません。

安定してセロトニンを補給することが安眠には必要だそうです。

セロトニンサプリメントもいまや数多くあるのですが「ルナハーブ」というサプリメントがおすすめです、話題のハーブことバコナイズが配合されていてリラックス効果のある16種類の天然成分で作られているそうです。

ルナハーブ成分

1日2粒が目安で60粒入りで通常価格が5980円で少しお高めなのですがインターネットなどで購入できます、キャンペーンなどで定期初回がお安くなっていました。

ルナハーブカプセル

精神的な事に関係してくるサプリメントですのでできるだけ化学成分ではなく天然成分のものを服用したいですし、日本製というところも安心です。

ルナハーブの効果でぐっすりとした安眠、すっきりとした一日が過ごせるかもしれません。

>>ルナハーブをこちらのサイトから購入しました。




潤睡ハーブはうつに効くおすすめのサプリメントです。

うつ病の原因の1つとして考えられているのは、セロトニンという脳内物質が不足していることです。

セロトニンは原料としてトリプトファンという必須アミノ酸が必要で、トリプトファンは肉類、穀類、タンパク質を豊富に含む材料に含まれています。

ですので、トリプトファンという必須アミノ酸を含むサプリメントが人気です。

トリプトファンがなければセロトニンは作られないという事が分かっています。

サプリメントは、薬ではないのですぐに効果が出るというものではないです。

対策として飲むのは効果がありますが、ひどいうつの時に飲んでもすぐに効果が得られる物ではないので注意が必要です。

私がオススメの商品は潤睡ハーブという商品で効果はセロトニンを作る材料のトリプトファンだけでなく、快眠リラックス効果の高い天然栄養分も入っています。

私がうつ病になってすごく大変だったのが、不眠でした。

治したくても眠らないことには治っていかないし、不眠は寝たくても本当に眠れません。

ですので、このサプリメントはトリプトファンだけではなく、不眠に効果的な成分も入っているので、とてもオススメです。

また、もし使ってみて合わなければ10日間以内の返金保証付きとなっているので、安心して試せるので良いです。

ネット通販で買う事が出来るので、お店に行って探さなくていいので楽です。

うつは、日にち薬で、ゆっくりで時間もかかりますが、栄養をバランス良く取って、規則的な生活をしてゆっくり休めば絶対良くなっていくので、自分に合ったサプリメントを飲んでいくと良い効果が出ます。

(愛知県 一宮市 りんこさん)


>>潤睡ハーブはこちらから購入できます。










うつ病への対処はセントジョーンズワートと食事から始めました。

少し前に「うつ病は心の風邪」というキャッチフレーズの、製薬会社のCMが放送されておりましたが、風邪を治すには仕事を休んで、ゆっくり寝ていることが大切になります。

それと同じようにうつ病も、仕事を休んでゆっくりしてみることが大切になりますが、その間にセントジョーンズワートというサプリメントを試してみるのです。

このセントジョーンズワートは軽度から中程度の、うつ病の治療に効果を発揮すると言われており、海外ではうつ病の治療薬として認可されております。

日本ではあまり知られておりませんが、ドラッグストアーやアマゾンなどの通販サイトで、手軽に入手することができます。

また脳内のセロトニンが不足すると、うつ病になりやすくなると言われているので、セロトニンの原料となるトリプトファンが含まれる食品を、多めに摂取するのです。

例えば肉、魚、豆、種子、ナッツ、豆乳、乳製品になりますが、海外の製品であれば、トリプトファンだけのサプリメントも販売されております。

こういった自助努力を続けても症状が改善しない場合には、心療内科や精神科を受診してみますが、初めての方はどんな治療をされるのかと、不安を感じるかもしれません。

しかし治療の多くは医師の指示通りに、薬を飲むというものであり、風邪の治療と大きな違いはありませんので、あまり不安になる必要はないと思います。

また自立支援医療を使えば、医療費の自己負担は原則1割で済みますので、治療費について心配している方は、この制度を使うことができないか、医師に相談してみるのです。

(千葉県市原市 医食同源さん)

>>セントジョーンズワートの購入はこちら




サブコンテンツ

このページの先頭へ