パキシルの効果で動悸と不眠が治りました。

私は急な動悸から不眠になって普段の生活ができなくなり、精神科を受診しました。

その時に「不眠が治れば動悸も気にならなくなるだろう」と言われ、安定剤と睡眠導入剤を処方されました。

初めのうちは出されたお薬だけで眠れるようになったのですが、日中のいきなり起こる動悸だけは治りませんでした。

急に動悸で心臓がバクバクいうので体もキツかったし「いつ動悸が起こるんだろう」と思うと精神的にも不安定になりました。

そのうち薬を飲んでも眠れなくなり、他の病気でかかっていた内科にたまたま心療内科の先生が来ていたので相談しました。

そしたら「不安が強いようだからパキシルという薬を試してみては?」と言われ、辛い症状が無くなるならと飲んでみることにしました。

夜、パキシルを飲んでみたら、翌日不安感が増して逆に具合が悪くなってびっくりしました。

慌てて病院に飛び込んだら「薬の飲み始めは不安が強くなることもある」と言われて、抗不安薬もセットで飲むように処方されました。

具合の悪いのが2週間ほど続いたあと、だんだんと調子が良くなりパキシルの効果を実感するようになりました。

抗不安薬も飲まずによくなって、パキシルだけで過ごし、2年後だんだんとパキシルを減薬して、薬は終了しました。

パキシルはとてもよく効くお薬でしたが、飲み始めと減薬時は頭の中がジリジリする感じがしてちょっとつらかったです。

(岩手県 たこやきママさん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ