自律神経失調症の症状に役立つ対処方法

私の周囲には自律神経失調症になった知人たちが幾人かいます。どの友人たちも真面目でなおかつ仕事熱心という共通項がありましたが、過度のストレスが発症するきっかけとなりました。

人によって症状の出方は様々ですが、ストレスを軽減させるライフスタイルを確立すると共に役立つ対処法を取ることで、少しでも症状を楽にさせることができます。

その一つが腹式呼吸です。少しストレスを感じたと思ったらすぐに試してみます。お腹のそこから深く息を吸い込んで徐々に吐き出してゆきます。これを何回か行うだけで心身に感じていた緊張を和らげることができます。

もう一つの役立つ方法はこんにゃくシップです。自律神経失調症によって内臓の機能が弱ってしまって別の病気を引き起こしてしまうことがありますし、体調不良が負のスパイラルにはまることがあります。

こんにゃくシップというのは市販されているこんにゃくをお湯で温めて(熱すぎない程度に)お腹に20~30分ほど貼ります。そうするとお腹がグルグルとなり内蔵が動き始めてくるのがわかります。

実際この方法で体調が回復した人たちがいるので試して見る価値があります。なおかつこんにゃく自体はスーパーで手頃に買うことができるので、おすすめの方法です。

(住所:神奈川県 氏名:ともさんさん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ