うつ病は、早めにクリニックの受診をお薦めします。

うつ病は、程度によって対処法は異なってくると思います。

ごく軽度のものでしたら、所謂気晴らしで、心がリセットされることで、対処出来るかもしれません。

軽度のものですと、自分がうつ病であることすら、気がついていないケースが多いのではないでしょうか。

その場合、お酒を飲んだり、ドライブなど観光してみたりすることで、次へ向かって自然と心を切り替えることが出来ているのだと思います。

中度のうつ病になりますと、気晴らしの効果も薄くなります。

気晴らしの直後は、なんだか心がリセットされた気になったりしますが、日常的な生活にもどることで、うつ症状が出てきてしまいます。

中度のうつ病の場所は、クリニックを受診され、投薬治療などを受ける必要が出てくると思います。

うつ病の程度の把握の為にも、受診することが賢明です。

クリニックでは、仕事や生活についてもアドバイスを受けられます。

仕事に起因した場合には、職場の変更なども薦められます。

うつ病は、大きな変化は良くないので、社内での部署異動が可能ならば、そちらを薦められると思います。

重度の場合は、最悪の場合、自殺などの危険も出てきますので、確実にクリニックへ受診することが必要です。

最悪のケースを避けるために、入院を薦められる場合もあります。

一人暮らしの方や、日中家族が留守にされ、一人でいる時間が長い人などの場合は、特に入院によって安全を確保されます。

いずれにせよ、うつ病は、軽い内に投薬治療やカウンセリングを受けることで、ずっと楽になるケースが多くなりますので、なんだか少しおかしいな、自分もうつ病なのかなと感じたら、早めの受診をお薦めします。

(埼玉県上尾市 ちゃむりんさん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ