大切なのはバランス

うつ病は大きく分けるとメランコリー型うつ病と非定型うつ病に分かれますが、どちらも共通する症状には、やる気が起こらない・楽しいと思えない・不眠・疲労感・集中力の低下・自殺願望や恐怖症などが挙げられます。

うつ病になる原因はまだはっきりとは解明されていませんが、発症する原因には、脳内の神経伝達物質の低下があると言われています。

神経伝達物質が低下する理由は、主にストレスと肉体的な疾患とされていますので、原因の特定と改善を行う必要があり、治療にはある程度の期間が必要です。

ストレスを特定し原因を取り除くか、肉体的な疾患を治療しなければ、うつ病の治療も難しいものですが、サプリによって症状を軽減し、回復のお手伝いをすることは可能です。

うつ病で特に注目したいものは、脳内の神経伝達物質の中のセロトニンですね。

セロトニンには、他の神経伝達物質の作用を調整し、心の安定を保つ作用があり、セロトニンが不足すると疲れやすい・倦怠感・落ち込み・不眠・ストレスを感じやすくなる・集中力の低下など様々な不具合を生じてしまいます。

そのため、不足してしまったセロトニンを補ってあげれば、うつ症状の緩和が期待できます。

ただし、セロトニンだけを補っても、他のアミノ酸が不足していると体内でうまく作用せず、余ったものは体外へ排出されてしまいますので、必須アミノ酸をバランスよく補う事が大切です。

自律神経の調整に欠かせないビタミンB群、酵素の活性化や精神安定作用のある亜鉛、脳内伝達物質受容体の感度を上げる作用を持つDHA・EPAも合わせて摂りたいところですね。

だからと言って何種類もサプリを摂るのは負担ですので、それらが一気に解消できるサプリとして、ミドリムシ(ユーグレナ)があります。

ミドリムシは9種類の必須アミノ酸がバランスよく全て含まれているうえに、ビタミンやミネラル、DHA・EPAまで豊富な栄養素を持ってるだけでなく、高い吸収効率が確認されています。

数あるミドリムシサプリのなかでも特に注目したいのは、ユーコネクトから出ているミドリムシエメラルドです。

ミドリムシそのものにも高い効果が期待できますが、ミドリムシエメラルドには、抗酸化作用の高いマキュベリー、活力の源となるコエンザイムQ10、腸内環境を整え疲労回復に役立つ乳酸菌、細胞の生成や疲労回復に必要な葉酸を配合してあるため、相乗効果で高い効果が期待できます。

ミドリムシサプリで疲労や気力の回復を行い、心の安定を取り戻し、うつ症状の軽減を目指しましょう。

購入する際には、直営サイトのミドリムシ専科や販売店契約をしているミドリムシファミリーなどの正規販売店での通販を利用することをお勧めします。

(東京都 ゆかりさん)




コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ