「自律神経失調症」タグの記事一覧

自律神経失調症の症状に役立つ対処方法

私の周囲には自律神経失調症になった知人たちが幾人かいます。どの友人たちも真面目でなおかつ仕事熱心という共通項がありましたが、過度のストレスが発症するきっかけとなりました。

人によって症状の出方は様々ですが、ストレスを軽減させるライフスタイルを確立すると共に役立つ対処法を取ることで、少しでも症状を楽にさせることができます。

その一つが腹式呼吸です。少しストレスを感じたと思ったらすぐに試してみます。お腹のそこから深く息を吸い込んで徐々に吐き出してゆきます。これを何回か行うだけで心身に感じていた緊張を和らげることができます。

もう一つの役立つ方法はこんにゃくシップです。自律神経失調症によって内臓の機能が弱ってしまって別の病気を引き起こしてしまうことがありますし、体調不良が負のスパイラルにはまることがあります。

こんにゃくシップというのは市販されているこんにゃくをお湯で温めて(熱すぎない程度に)お腹に20~30分ほど貼ります。そうするとお腹がグルグルとなり内蔵が動き始めてくるのがわかります。

実際この方法で体調が回復した人たちがいるので試して見る価値があります。なおかつこんにゃく自体はスーパーで手頃に買うことができるので、おすすめの方法です。

(住所:神奈川県 氏名:ともさんさん)




人間だれしも嫌になることはたくさんある

人間生きている限り当然よいことばかり起こる可能性は低く、いやなことも当たり前に起こってしまう世の中です。

いやなことをしなければどれだけ幸せな生活を送ることができるかと思うと当然多くの人たちが考えますが、嫌なことをしなければお金も稼げませんし、学校に事さえもできません。

要するに嫌なことをある程度しなければ人間に来ていこともできませんので、この嫌なことをある程度気持ち良く行っていくということは精神的な面からしましてもとても多くのメリットがあります。

自律神経失調症の人は当然精神的なバランスを失っており、嫌なことが起こると精神的なストレスを非常に大きくしてしまい苦しくなってきます。

このような人の場合には何でも前向きにとらえる必要があり、嫌なことでもそれほど嫌なことだと感じないような自分の心持が必要です。

ある程度あっけらかんとした態度がとても重要になってきますので、それほど深く悩むこともなく簡単な生活スタイルを身につければ、自律神経失調症もそれほどひどくなることはありません。

嫌なことばかりの世の中ではありますが、自分が楽にできるという前向きな気持ちというものが多くの精神的なストレスを緩和してくれますので、このような心持で前向きに生きていくということはとても重要なことであります。

(岡山 そうたさん)




ストレスを感じたら自律神経失調症を疑え

自律神経失調症は精神的な病気でありますので、当然精神的なストレスが原因となって引き起こされる可能性がとても増えてきています。

精神的な部分が異常をきたすようになってしまえば当然精神病的な症状を発病する場合が多くなりますので、体がとても苦しくなってストレスがたまり病気となってしまいます。

日ごろの生活習慣を改善してストレスをためにくい生活を送る必要があり、ストレスがたまっている場合にはきちんと休むことが重要になります。

現在の人々は学校や仕事で多くのストレスをためながら毎日の生活送っていますので、当然ストレスがたまりやすい社会がどこにでも広がっています。

ストレスがたまった場合には当然ある程度の仮眠をとることも必要で、ストレスを明日まで持ち越さない生活習慣がとても重要になってきます。

きちんと休むことができる人は精神的なストレスを解消することがすぐにできますので、自律神経失調症になる可能性が少なくなってくるようです。

自分が疲れていてストレスがたまっている場合には、きちんとした休息をとることとおいしいものでも食べてストレスを発散さすことがとても重要な方法になります。

ストレスをためにくい生活を身につけるようにしましょう。

(岡山 やっさんさん)




自律神経失調症の改善にはきっぱりとした意見が必要

現代の若者ははっきりとした意見を言う人が少なくなっていて、自分のきちんとした判断や意見を他人に話さない人たちが増えてきていて、自分の意見を持たない場合が増えてきています。

このような状況になれば当然自分が嫌なことも受け入れなければいけない可能性が高く、自立神経失調症の可能性というものが高くなってきます。

嫌なことは嫌なことであるときちんと相手に伝えるという行為はとても重要であり、自分がやりたくないことはきっぱりと断る断固とした決断力が必要になります。

これができなければ自分が嫌なことをやらなければならず、このようなことを繰り返していては自律神経が乱れてしまい、病気になる可能性が増えてきます。

人が良いということはとても重要なことではありますが、あまりにも八方美人すぎると自分の精神的なストレスが非常に高まってしまい、自律神経失調症の症状をあらわす場合が増えてきますのでこのような人はとても要注意しないといけません。

対処方法としましてはやりたくないことはきちんと断る断固とした意見が必要で、あいまいな形で人の意見を受け入れないことが重要となっていきます。

相手に嫌われる可能性があることをある程度認めておくことも重要で、だれにでも好かれるような八方美人的な性格を直す必要があるのかもしれません。

(岡山 のぶさん)




自律神経失調症には早寝早起きの習慣をつける

自律神経失調症は不規則な生活から来ることも多いようです。

昼夜逆転の生活や、寝不足などが続くと、上手く身体が機能しなくなるようです。

人間の身体は本来、日の出とともに行動を開始して、日が沈むと休むというサイクルになっています。
この自然のリズムが狂ってくると、身体の自動調整が効かなくなるようです。

自律神経失調症を改善していくためには、早寝早起きの習慣を付けるのが良いと思います。

特に夜は夜更かしをせずに、早めの就寝がおすすめです。

午後10時から午前2時までは、睡眠のゴールデンタイムと呼ばれています。

この時間に眠りに付くことによって、身体の機能が回復して、成長ホルモンが出るのだそうです。

午後10時に就寝すれば、朝の6時には起床することができます。

早朝に起床することは、自律神経失調症の改善に大いに有効的な方法です。

朝目覚めたらカーテンを開けて、朝の光を浴びましょう。

ここで副交感神経から交感神経へと変わります。

体内時計もここでリセットされます。

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいかずに、乱れを生じて起こるとも言われています。

早寝早起きの習慣は、自律神経失調症の症状を回復していくためにも、おすすめの対処法です。

(新潟県 えすびさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ